fund

2018年 子ども思いの森 生きるちからファンド 応募要項(約款)

0.ファンドの設立経緯・理念

未来を担う子どもたちが、今、身に付けるべき力とは何か。
学校の勉強ができる、スポーツができる、それも確かに大切です。しかし、本当に大切なのは、子どもたちが自分の目で見て、感じて、判断し、自分たちの手で未来を切り拓いてゆく「生きるちから」ではないでしょうか。

『子ども思いの森 生きるちからファンド』は、子どもたちの未来を真剣に考え、子どもたちの「生きるちから」を育む様々な活動を展開している各種団体への支援を通じて、子どもたちの無限の可能性と「生きるちから」を大切にする社会づくりに貢献します。

1.助成目的

当ファンドの助成目的は、子どもたちの「生きるちから」を育む各種事業を支援すること。

私たちが考える「生きるちから」とは、

【1】考えるちから

自分の目で見て、感じて、判断して、考える。
その繰り返しが新鮮な発想やひらめきを生み、未来を拓く思考力や創造力を育みます。

【2】伝えるちから

言葉で、絵で、動きで、そして、心で。
色々な伝え方を知り、その力に磨きをかければ、自分の可能性は無限に広がります。

【3】繋がるちから

心と心で繋がった仲間は一生の宝物です。
相手への思いやりから広がる繋がりの和。その絶大なパワーは世界を動かします。

上記3つの「生きるちから」を育むために、ユニークでクリエイティブな観点から課題解決を目指す、個人の方および団体の皆さまをサポートします。

2.助成対象

上記の目的に則した活動を行っている個人または団体。

※ただし以下に該当するものは除く

  • 地方公共団体
  • 文化施設の経営を目的とする個人及び団体
  • 会社その他の営利団体
  • 高校生以下の学生

3.助成対象となる活動期間

2018年6月1日(金)~2019年5月31日(金) 実施の活動

4.助成対象となる費用

  • 人件費(出演料、謝金、旅費)

    ※主催団体メンバー(役員)の人件費は対象外となります
    ※人件費に関してはその内訳も予算書にご記載ください
    (例1)出演料、謝金の場合
        出演者名と出演料、講師名と謝金の額など
    (例2)外部スタッフ(ボランティア)の場合
        スタッフ1人に支払う日給もしくは時給、時間数など

  • 賃借料(会場、設備使用料を含む)
  • 会場製作費(装飾、看板など)
  • 印刷、広告、宣伝費
  • 運搬、発送費
  • その他必要と認める経費(飲食、パーティ、懇親会関係費を除く)

5.助成金額

● 一般

助成金額:1事業に対して30万円以下(単年度補助)

※助成対象経費の合計から他の収入を控除した自己負担額の1/2以内で、予算および申し込み状況を勘案して当ファンドが定める額

【助成金額の計算方法】※事業提案書 様式第1号-7/7をご参照ください
(1)助成対象経費の合計-(①参加料など+②その他補助金+③寄付金)=自己負担額
(2)自己負担額÷2=生きるちからファンド助成対象額(上限30万円)
※収入見込みに自治体の補助金や他公共法人などの助成金が含まれていても応募可

● 学生 ≫代表者(申請者)が大学生、短大生、専門学校生の場合

助成金額:1事業に対して10万円以下(単年度補助)

※助成対象経費の合計額から他収入を控除した額で、予算及び申し込み状況を勘案して当ファンドが定める額

【助成申請金額の計算方法】※事業提案書 様式第1号-7/7をご参照ください
助成対象経費の合計額-(①参加料など+②その他補助金+③寄付金+④自己資金)
=生きるちからファンド助成対象額※上限10万円
※学生枠を利用の場合、④自己資金が0円でも応募可
※収入見込みに自治体の補助金や他公共法人などの助成金が含まれていても応募可

6.助成金の支払い

助成金は事業完了後、事業報告書の提出・審査後、30日以内に指定口座にお振り込みいたします。

※最終的な支払い金額は、事業終了後の会計報告より算出します。なお、その際の支払い金額の上限は、助成決定の際にお知らせした助成予定の金額となります。

7.選考方法/審査基準

下記の観点で審査および決議を経て書類審査にて決定いたします。

  • 活動の内容が当ファンドの助成目的に合っていること
  • 予算の使途が適切であること
  • 課題解決への問題提起が明確であり、クリエイティブな視点を含んだ企画であること
  • 内容が具体的であること
  • 中長期のビジョンがあり、今後の発展性に期待が持てること
  • 同じ課題解決に取り組む人たちが参考にできるモデルとなることが期待できること
  • 助成終了後も継続して活動を行うことが見込めること

8.結果の発表

  • 助成先の選考は選考委員会での審査及び決議を経て決定します。
  • 審査結果については採択の可否に関わらず、2018年5月31日(木)までに申請者全員に文書でお知らせします。ただし、審査の経緯・決定理由は、採択の可否に関わらずお問い合わせには応じかねます。あらかじめご了承ください。

9.助成決定後の義務と条件

  • 募集チラシなどへの当ファンドが助成した旨の表示
  • 途中段階での状況確認への協力
  • 事業報告書類の提出(事業報告書は指定の様式を用意します)

10.スケジュール

  • 受付期間:2018年2月20日(火)~2018年4月20日(金)申請書類必着
  • 結果連絡:2018年5月31日(木)までに文書でお知らせ
  • 振込時期:事業終了後、事業報告書承認後30日以内

11.応募方法

応募に必要な書類について

  • 【1】事業提案書(一般:様式第1号・計6枚/学生:様式第1号・計7枚)

    ※事業提案書は当ファンドHPよりテンプレートをダウンロードしてご利用ください
    ※Excel形式、PDF形式どちらでご提出いただいても構いません

  • 【2】応募年度(2018年度)の予算書類

    ※助成申請事業に対する予算内訳が分かる書類をご提出ください

  • 【3】応募年度(2018年度)の活動計画書および事業計画書
  • 【4】過去2年分(2016年度・2017年度)の決算書類(収支計算書・財産目録など)
  • 【5】過去2年分(2016年度・2017年度)の活動報告書および事業報告書

    ※申請事業が新規事業のため、過去の決算書類【4】や活動報告書【5】を提出できない場合は、その旨を記載した書類(書式自由)をお送りください

  • 【6】応募事業の背景・原状、事業内容、実績・成果、展望をまとめた書類

    ※書式・形式は自由。内容はA4サイズ1ページに収めてください

●学生枠で応募する皆さまへ

  • 上記の書類に加えて在学証明書をご提出ください
  • 決算書類の用意が不可能な場合は、過去に開催した対象事業に関する収支を確認できる書類(書式自由)をご提出ください
  • 申請事業が新規事業のため、過去の決算書類【4】や活動報告書【5】を提出できない場合は、その旨を記載した書類(書式自由)をお送りください
▽事業提案書テンプレートのダウンロードはこちらから

上記の書類をお揃えの上、下記住所にご郵送ください。

〒420-0031
静岡県静岡市葵区呉服町1-3-14 YS静岡呉服町ビル7F

池田屋 子ども思いの森事業部
「子ども思いの森 生きるちからファンド」受付係

※複数事業の応募も可能。ただし、申請事業ごとに必要書類をまとめてご提出ください
※申請事業が新規事業のため、過去の決算書類や活動報告書を提出できない場合は、その旨を記載した書類(書式自由)をお送りください
※ご送付いただいた資料は返却できません。あらかじめご了承ください
※メールやFAXでの助成申請は受付けておりません。あらかじめご了承ください

12.当ファンドに関するお問合せ(連絡先)

池田屋 子ども思いの森事業部
担当:寺本・柏木
●電話番号:054-266-3790(月-土 9:00-18:00※12/31、1/1を除く)
●E-mail:info@kodomoomoinomori.jp

※ご返信に2~3日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください

※1週間以上たっても返信が無い場合は、お手数ですが再度メールをご送信ください

【個人情報の取り扱いについて】

事業提案書に記載いただきました氏名、年齢、所属機関・部門、役職、連絡先、電子メールアドレス、事業協力者、プロジェクトメンバーの氏名、年齢、所属機関、役職等につきましては、「個人情報保護に関する法律」に則り個人情報として厳正に管理し、下記の目的に限り利用します。

  1. 応募に対する審査及び審査結果の通知
  2. 助成決定後の諸手続きの連絡
  3. 助成者決定の公表
  4. 当ファンド内管理業務
  5. 当ファンド主催事業の案内